梶山弘志 衆議院議員( 茨城4区・ 自民 )ってこんな人です

日本会議国会議員懇談会所属

・世襲議員(父は梶山静六元衆議院議員)

過去の政治行動など

現金6000万円が消滅、梶山経産相が茨城県議にバラ撒いたカネ(週刊ポスト・2019年)

あのカネは政治資金収支報告書でどう処理されたのか。自民党茨城県連の2017年の報告書は昨年11月に公表された。代表者は梶山氏の名前になっている。内容を改めて確認すると、2017年3月から7月にかけて45人の県議に「組織対策費」が配られており、金額は130万円が42人、100万円が2人、230万円が1人で総額5890万円にのぼる。本誌が報じた6000万円のバラ撒きが裏付けられた。(記事より)

切手爆買いが一転…梶山地方創生相の怪しい政治資金使途(日刊ゲンダイ・2017年)

梶山が代表を務める政党支部は2012年、計24回182万6520円を「切手代」として支出。14年は計26回129万5157円も支払っている。全て「事務所費」「組織活動費」として処理されている。

12年当時に流通していた80円切手なら、12年の支出総額は実に約2万2800枚分。82円切手が出始めた14年分は、約1万5800枚分にも及ぶ。ところが、15年分の収支報告書に記載された「切手代」は、なぜか11月11日付のたった1回。金額は1万6400円と、82円切手ちょうど200枚分にとどまる。一気に111分の1に激減しているのだ。

 さらに、ガソリン代も高額だ。12年は計約437万円で、14年は同414万円、15年も同373万円。昨年、山尾志桜里衆院議員の政党支部が、12年に「地球5周分」に当たる約230万円分のガソリン代を支出したことが問題視されたが、梶山の支部は「地球9周半」相当のガソリン代を支払っていたことになる。(記事より)


梶山弘志のプロフィール

梶山弘志衆議院議員(茨城4区・自民党)衆議院のHPより
梶山弘志衆議院議員(茨城4区・自民党)衆議院のHPより

茨城県第4区選出、自由民主党・無所属の会
経済産業大臣、内閣府特命担当大臣

昭和30年10月18日茨城県常陸太田市に生まれ、日本大学法学部卒業

○動力炉核燃料開発事業団(現日本原子力開発機構)社員、また自ら会社を設立、代表者となる

○国土交通大臣政務官、国土交通副大臣

○自由民主党経済産業部会長代理、副幹事長、広報戦略局長、副政調会長、経理局長、選挙対策委員会事務局長、情報調査局長、政務調査会長代理

○衆議院議院運営委員会理事、農林水産委員会理事、経済産業委員会筆頭理事、国土交通委員長、災害対策特別委員長

○当選7回(42 43 44 45 46 47 48)

(2019年10月25日現在・衆議院HPを基に加筆)