小林正夫 参議院議員( 比例区・ 国民 )ってこんな人です

・元東京電力社員

・全国電力関連産業労働組合総連合の組織内候補

過去の政治行動など

新「国民民主」に14人参加へ 労組系4人参加(日本経済新聞・2020)

国民民主党の玉木雄一郎代表らが結成を目指す新「国民民主党」に14人が参加する見通しとなった。(中略)立憲民主党との合流新党に不参加の意向を表明した9人の民間の産業別労働組合(産別)出身議員のうち、4人が入党を届け出た。玉木氏らは7日午前までに入党希望を求める書類を提出するよう求めていた。電力総連から支援を受ける小林正夫浜野喜史両参院議員と、電機連合系の浅野哲衆院議員、矢田稚子参院議員が参加し、残る5人は当面、無所属で活動する。(記事より)

「2030年原発ゼロ」めぐり民進党が真っ二つ… 「与党との対抗軸で打ち出すべきだ」「できない約束はしないはずなのに」(産経新聞・2017)

蓮舫氏は17日の電力総連幹部との面会で「『明日すぐ原発ゼロ』という共産党と私は違う」と釈明。しかし電力総連側は「エネルギー政策は国家の屋台骨であり、外からは問題を整理しないまま突っ込んでいるようにみえる」と見透かしたように切り返した。(記事より)

参院選きょう公示 電力総連、民進とすきま風 原発巡り“遺恨”(産経新聞・2016)

電力総連は、全国232の単組で構成され、21万3千人の組合員がいる。今でも「菅元首相だけは許せない」という声は少なくない。(中略)綱領策定の途中で、維新側が主張した「2030年代原発稼働ゼロを目指す」という表現を盛り込んでいたのだ。当然、電力総連は猛反発した。最終的に「原発に頼らない社会を目指す」の表現に落ち着いたが、電力総連の内部に「民進党候補への推薦を、感情的に納得できない人もいる」(関係者)状況となった。だからこそ電力総連は、電力会社出身で、エネルギーの現実に詳しい小林氏を国政に送り込むため、全力を注ぐ。一方、チラシなどからは徹底的に「民進党」の名前を消した。(記事より)

 


小林正夫のプロフィール

小林正夫参議院議員(比例区・国民民主党)参議院のHPより
小林正夫参議院議員(比例区・国民民主党)参議院のHPより
所属会派 立憲・国民.新緑風会・社民
選挙区・比例区/当選年/当選回数
比例代表選出/平成16年、22年、28年/当選 3 回
参議院における役職等一覧
2019年9月6日現在
総務委員会
行政監視委員会
災害対策特別委員会
国際経済・外交に関する調査会(理)

 1947年5月11日東京都中野区に生まれ、1965年東京都立世田谷工業高等学校を卒業

○同年東京電力株式会社入社、平成元年日本労働組合総連合会東京都連合会の結成に参画、初代連合東京政策局長、同3年東京都高齢者雇用就業促進協議会委員、同9年東京電力労働組合中央書記長、同15年全国電力関連産業労働組合総連合副会長、同16年第20回参議院議員通常選挙比例代表当選、2010年2期目当選、同年厚生労働大臣政務官、2011年厚生労働委員長

○現在総務委員会委員、災害対策特別委員会委員、全国電力総連顧問

(2019年12月10日現在・参議院HPを基に加筆)