丸川珠代 参議院議員( 東京 ・ 自民 )ってこんな人です

 

・日本会議国会議員懇談会所属

・夫は大塚拓衆議院議員(埼玉9区)

 

過去の政治行動など

菅首相が閉口する“ヤジ将軍”ウラに控えるのはあの元首相(週刊文春Web)

ヤジ将軍と異名を持つ西田昌司議員森雅子議員、稲田朋美議員とともに、ヤジの多い議員とされている。

 

人材派遣会社ヒューマントラスト社長との対談記事と広告が一体となった記事が出され、国会で大問題に

丸川珠代氏(当時・厚生労働政務官)と人材派遣会社社長との対談記事
丸川珠代氏(当時・厚生労働政務官)と人材派遣会社社長との対談記事

2013年当時、労働派遣の監督官庁だった厚労省政務官をしていた丸川珠代氏と人材派遣会社「ヒューマントラスト」の社長との対談企画、これと“『猫の手』を貸します”という語句が付いた広告が一体となった記事が掲載され、国会で大きな問題となった。

丸川政務官の問責決議可決 参院厚労委(日本経済新聞)

賛成多数で可決された決議では、下記のように指摘されている。

2013年2月25日付日本経済新聞朝刊の広告での丸川氏と人材派遣会社「ヒューマントラスト」社長の対談について

(1)所管する厚生労働省の管轄である特定民間企業の宣伝広告に出た

(2)2012年10月に施行された改正労働者派遣法の「日雇い派遣の原則禁止」に関して修正に向けた議論が決まっているかのような誤った印象を植え付けた

 

2010年3月厚生労働委員会で「愚か者めが」とヤジをとばしたことが話題に(YOUTUBE)

2010年、民主党政権下で子ども手当法案が採決時に、参議院厚生労働委員会で厚生労働委員長に対し「この愚か者めが!」「このくだらん選択をしたバカ者どもを絶対忘れん!」とヤジを飛ばした。(動画の3分30秒ぐらい)

 

丸川氏仰天!選挙権がなかった(朝日新聞)

アメリカに赴任していた時に住民票をアメリカに移したままにしていたため、2007年の自らが立候補した参院選で投票権がなく投票できなかった。住民税は納付していたが、その間投票権はないため、他の選挙では投票に行っていないことがばれた。



丸川珠代のプロフィール

丸川珠代参議院院議員(東京選挙区・自民党)参議院のHPより
丸川珠代参議院院議員(東京選挙区・自民党)参議院のHPより

本名 大塚 珠代

所属会派
自由民主党・国民の声
選挙区・比例区/当選年/当選回数
選挙区(東京都)選出/平成19年、25年/当選 2 回
参議院における役職等一覧
2019年(令和元年)6月24日現在
経済産業委員会
予算委員会
政府開発援助等に関する特別委員会

 昭和46年1月19日兵庫県神戸市に生まれる。大阪教育大学附属池田高校を経て、平成元年東京大学経済学部に入学。

平成5年に卒業後、(株)テレビ朝日に入社。アナウンサーとして、数々の政治・報道番組を担当。

1年間のニューヨークでの記者生活の後、平成19年5月に退社。

同年7月東京選挙区より参議院議員に初当選

○前環境大臣

○現在東京オリンピック・パラリンピック担当大臣、都連女性局長

(2016(平成28年)11月28日現在・参議院のHPより)