松本洋平 衆議院議員( 東京19区・ 自民 )ってこんな人です

・文化芸術懇話会所属(2020年現在)

日本会議国会議員懇談会所属

過去の政治行動など

持続化給付金疑惑「パソナ」の“酒池肉林”迎賓館 接待を受けた大物政治家たちの名(デイリー新潮・2020)

司会を務めた元アナウンサーの丸川珠代参院議員に促され、主賓の伊吹文明元衆院議長、続けて、石破茂元幹事長石原伸晃代議士がマイクの前に立つ。外遊中の安倍晋三総理から届いたビデオメッセージが流れる一幕も。

2014年9月7日、東京・目白の椿山荘で開かれたのは、松本洋平代議士の結婚披露宴である。

この日、自民党のお歴々に交じってスピーチに立ったのは、人材派遣大手パソナグループの南部靖之代表(68)だった。

出席者が振り返るには、

「数メートルはあろうかという巻物を手に祝辞を読み上げてね。式の最中は終始ご機嫌で、来場した40人以上の国会議員に名刺を渡して回っていました。新郎の松本さんの将来性を買っているようでしたね」

パソナグループは67社の連結子会社を擁し、3千億円超の売上高(連結)を誇る人材派遣の大手。その代表が披露宴に招待されたのにはワケがある。

「新婦がパソナの元社員だったんです。南部さんは新婦側の主賓として祝辞を述べています」(同)

内助の功も手伝ってか、昨年9月に“新郎”は経産副大臣に就任した。

だが、ここで気になる点がひとつ――。

それは松本氏が副大臣を務める“経産省”と“パソナ”の関係だ。

目下、経産省を巡っては、“持続化給付金”にまつわる疑惑が浮上している。(記事より)

徳洲会に自民どっぷり パーティー券 90議員 献金・選挙支援まで受けて 徳田氏除名もせず(赤旗・2014)

2012年の政治資金収支報告書によって、徳洲会マネーを受け取ったことが明らかになっている政治家は、徳田議員の資金管理団体「徳田毅政経研究会」がパーティー券を購入していた自民党の国会議員90人です。このなかには、甘利明経済再生担当相森雅子消費者担当相根本匠復興相新藤義孝総務相林芳正農水相稲田朋美行政改革担当相、田村憲久厚生労働相の7閣僚(いずれも2万円)、石破茂幹事長12万円など政権中枢が含まれています。

このほか、松本洋平衆院議員が60万円丹羽秀樹文部科学政務官薗浦健太郎衆院議員が各50万円など、10万円以上のパーティー券購入を受けていた議員が10人います。(記事より)



松本洋平のプロフィール

松本洋平衆議院議員(東京19区・自由民主党)衆議院のHPより
松本洋平衆議院議員(東京19区・自由民主党)衆議院のHPより

東京都第19区から立候補、自由民主党・無所属の会
経済産業副大臣、内閣府副大臣

昭和48年8月東京都世田谷区に生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業、三和銀行(現三菱UFJ銀行)入行

○自民党東京第19選挙区支部長

○内閣府大臣政務官、内閣府副大臣

○自民党青年局長、副幹事長、外交部会長代理、財務金融副部会長、経済産業副部会長、国会対策副委員長

○衆議院議院運営委員会理事、政治倫理審査会幹事、消費者問題に関する特別委員会理事

○当選4回(44 46 47 48)

(2019年9月13日現在・衆議院HPを基に加筆)