長島昭久 衆議院議員( 東京21区→18区・ 自民 )ってこんな人です

・民主党で防衛副大臣(野田政権)を務める。鳩山、菅政権では防衛政務官

・日本会議国会議員懇談会は2015年に退会

小池百合子氏が立ち上げた「希望の党」設立メンバー

過去の政治行動など

長島昭久氏が自民に入党届 民主党政権で防衛副大臣(2019年・朝日新聞)

長島昭久議員民進党離党の衝撃(2017年・HUFFPOST)

2017年4月に民主党を離党した長島昭久議員は、その後、若狭勝議員(当時)らともに「小池新党」の立ち上げに加わった。一連の「希望の党」騒動のきっかけを作った一人。

小池新党「5人そろえば立ち上げる」 若狭勝、長島昭久、松沢成文の3氏が都内で協議(2017年・産経新聞)

 



長島昭久のプロフィール

長島昭久衆議院議員(東京21区・自民党)衆議院のHPより
長島昭久衆議院議員(東京21区・自民党)衆議院のHPより

東京都第21区選出、自由民主党・無所属の会

昭和37 年2月神奈川県横浜市港南区に生まれ。

慶應義塾大学大学院法学研究科修士課程修了、米国ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院修士課程修了

○衆議院議員公設秘書を経て、米国外交問題評議会研究員

○中央大学大学院公共政策研究科客員教授、日本スケート連盟副会長・国際部長兼任、慶應義塾大学法学部非常勤講師となる

○防衛大臣政務官、内閣総理大臣補佐官(外交及び安全保障担当)、防衛副大臣

○希望の党政策調査会長

〇衆議院安全保障委員会筆頭理事、外務委員会筆頭理事等を歴任

○著書『覚悟―さらば民進党、真の保守を目指すために』(ワニブックス)、『「活米」という流儀―外交・安全保障のリアリズム』(講談社)

○当選6回(43 44 45 46 47 48)
(2019年7月2日現在・衆議院HPを基に加筆)