参議院沖縄選挙区に1億3千万円を突っ込んだ自民党。そのお金の行方も謎のまま…

島尻安伊子元沖縄北方大臣
島尻安伊子元沖縄北方大臣

2016年の参議院選挙に沖縄県選挙区から立候補し落選した島尻安伊子元沖縄北方大臣。

彼女が代表を務めていた自由民主党沖縄県参議院選挙区第2支部は、2月19日から7月29日までの3か月の間に、自民党本部、自民党沖縄県支部連合会から合わせて1億2900万円もの寄付を受けていた。

2016年の選挙は結果的に自民党の大勝に終わるのだが、オール沖縄の勢いが強い沖縄県は特に劣勢が伝えられていた。内閣改造で、島尻氏は沖縄北方大臣に就任し大臣として選挙戦を戦ったにも関わらず選挙では負けた。

島尻安伊子元議員が代表を務めていた自民党沖縄県参議院選挙区第2支部の収入ページ
島尻安伊子元議員が代表を務めていた自民党沖縄県参議院選挙区第2支部の収入ページ

それだけならば多くの人が知っていることですが、自民党から1億3千万円ものお金が流れていたことはあまり知られていない。参議院選挙の一人区の重点選挙区とはいえ、一人の候補に1億円を超えるお金が党から流れているのはあまり聞いたことがない。自民党沖縄県支部連合会からのお金の出どころも、元をたどれば党本部の可能性が高いことから、ほとんどが党本部から出ていると解釈してもいいだろう。

驚きなのはこのことだけに終わらない。

島尻安伊子氏は選挙に落ちたため、この年で「自民党沖縄県参議院選挙区第2選挙区」を解散している。

では、この1億3千万円はどこへ消えたのだろうか?

このお金のうち9000万円は、「アイ・ラブ沖縄!かがやく県民の会」に寄付されている。

「アイ・ラブ沖縄!かがやく県民の会」の2016年の支出
「アイ・ラブ沖縄!かがやく県民の会」の2016年の支出

さらに驚くのは、このうち3千万円が領収書のいらない人件費に消えており、3600万円が事務所費に消えている。

どう考えても不可思議なお金の流れである。

さらに、この「アイ・ラブおきなわ!輝く県民の会」は2016年末には残金がゼロになり、2017年には解散している。

選挙の時には1憶3000万円あったお金は一体どこへ消えたのだろうか?