岩屋毅 衆議院議員( 大分3区・ 自民 )ってこんな人です

日本会議国会議員懇談会所属

・鳩山邦夫元衆議院議員の元秘書

・カジノ議連(国際観光産業振興議員連盟)幹事長(2019年末時点)

過去の政治行動など

IR汚職、5衆院議員を任意聴取 東京地検、前防衛相ら(2020年・中日新聞)

日本でのカジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業を巡る汚職事件で、贈賄の疑いが持たれている中国企業「500ドットコム」側が現金各約100万円を渡したと供述した岩屋衆院議員ら5人を、東京地検特捜部が2019年末に任意で事情聴取したことが分かった。(本文を基に加筆)

 

・岩屋毅防衛相はなぜ一身に批判を浴び続けるのか(2019年・週刊ポスト)

元々新入閣組として、韓国によるGSOMIA破棄及び北朝鮮によるミサイル連続発射という重大局面に「この大臣で大丈夫なのか?」と思われているのだ。~きっかけは、2018年12月の韓国海軍による自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題時の弱腰対応である。韓国が次々と繰り出す「“日本が悪い”論法」「“日本が出した証拠は捏造”論法」的居直り戦術に屈したように見えたのだ。(本文より)

 



岩屋毅のプロフィール

岩屋毅衆議院議員(大分3区・自民党)衆議院のHPより
岩屋毅衆議院議員(大分3区・自民党)衆議院のHPより

大分県第3区選出、自由民主党・無所属の会

昭和32年8月24日大分県別府市に生まれ。

鹿児島ラ・サール高校卒、早稲田大学政治経済学部政治学科卒、代議士秘書を経て、昭和62年大分県議会議員となる。平成2年衆議院議員初当選。以来、防衛庁長官政務官、外務副大臣、衆安全保障委員会筆頭理事、衆文部科学委員長、党総務副会長、党安全保障調査会会長、党政治制度改革実行本部長、党中央政治大学院長等を歴任

○当選8回(39 42 43 44 45 46 47 48)

(2019年9月11日現在・衆議院HPを基に加筆)