前原誠司 衆議院議員( 京都2区・ 自民 )ってこんな人です

・松下政経塾出身

・元民主党代表

過去の政治行動など

「リベラル派は排除いたします」「明日は『三都物語』ということで」(2017年・産経新聞)

民進党の前原誠司代表が「(民進党から希望の党に)公認申請すれば、排除されない」と発言したことに関し、小池氏は「安全保障、憲法改正で一致した人のみ公認する」と明言。(本文より)

民進前原代表、最後も批判浴び正式辞任 希望入党へ(2017・日刊スポーツ)

衆議院が解散した2017年9月28 日に、小池百合子都知事(当時)が代表を務める希望の党への合流を提案。結果的に衆議院の野党第1党だった民進党が、希望の党と枝野幸男代表(当時)の立憲民主党と無所属に分裂し、総選挙で与党の大勝を招いた責任を取った。近く離党届を提出し、希望へ入党する。(本文より)

 



前原 誠司のプロフィール

前原誠司衆議院議員(京都2区・国民民主党)衆議院のHPより
前原誠司衆議院議員(京都2区・国民民主党)衆議院のHPより

京都府第2区選出、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム

1962 年(昭和37年)4月30日、京都市左京区に生まれ。

京都大学法学部卒(国際政治専攻・高坂正堯ゼミ)、(財)松下政経塾(第8期生)

○京都府議会議員選挙において28才で初当選。

第40回衆議院総選挙において初当選、外務・防衛部会長を兼務し、防衛大綱・中期防の策定等に携る

○衆院議運筆頭理事、裁判官訴追委員会委員長、沖北特別委員長

○鳩山内閣の国土交通大臣として羽田空港国際化とオープンスカイ協定の締結・日本航空の再生に携る

○菅内閣の外務大臣

○野田内閣の国家戦略担当大臣、海洋政策担当大臣、内閣府特命担当大臣(経済財政・科学技術・原子力行政・宇宙政策)

○民主党代表、政策調査会長、民進党代表を歴任

○著書「政権交代の試練」「分断社会ニッポン(共著)」

○当選9回(40 41 42 43 44 45 46 47 48)

(2019年9月30日現在・衆議院HPを基に加筆)