政治とカネ

維新の会・ツートップ松井・吉村の不思議な選挙運動報告書~ウグイス嬢は全てボランティア?

松井一郎氏の選挙運動収支報告書(ウグイス嬢を含む人件費についての記載ページ)

人気低迷をしていた維新を立て直したと言われるのが2019年春に行った大阪W選挙。

それまで大阪府知事だった松井一郎氏が大阪市長に立候補し、大阪市長だった吉村洋文氏が大阪府知事に立候補し、自民党を中心とした大阪の野党統一候補を見事に破り、維新の人気を急回復した選挙で、大きなターニングポイントになった。

大阪市長選挙での松井一郎氏の選挙運動収支報告書の表紙

大阪市長選挙での松井一郎氏の選挙運動収支報告書の表紙

そのW選挙で各方面から疑問の声が上がっているのが、両氏の選挙運動収支報告書だ。

河井元法務大臣の問題でも大きな騒ぎになったウグイス嬢。

通常、選挙運動収支報告書には、ウグイス嬢(正確には車上運動員)の報酬について記載されているのだが、大阪市長になった松井一郎氏の選挙運動収支報告書には、ウグイス嬢に払った金額は一日分の上限である1万5千円を一人に対してだけ。支払い日時は、選挙期間中の3月31日。

プロのウグイス嬢には一日しか頼まなかったという報告書だ。

松井一郎氏の選挙運動収支報告書(ウグイス嬢を含む人件費についての記載ページ)

松井一郎氏の選挙運動収支報告書(ウグイス嬢を含む人件費についての記載ページ)



一方、大阪市長から大阪府知事になった吉村洋文氏は、選挙運動収支報告書にウグイス嬢についての記載はなし。

つまり、大阪府知事選挙において、ウグイス嬢は頼まなかった。若しくは、ボランティアで手伝ってくれる人だけで選挙運動を展開したということだ。ウグイス嬢を全てボランティアでまかなっているのならば全く問題はない。むしろ、お金のかからない理想的な選挙運動といえるかもしれない。

しかし、この問題について選挙に詳しい関係者に聞いたところ、「村や町のような小規模の選挙ではあり得るかもしれないが、大阪のような大きなところでの選挙ではあり得ない。ましてや、大阪市長選挙、大阪府知事選挙においては起こりうるのだろうか」と疑問を呈した。

また、違う関係者は「同時に行われた統一地方選挙でさえ、市会議員、府議会議員の立候補者でさえ、プロのウグイス嬢を雇っていた」と証言。

維新の命運をかけた大阪W選挙において、本当にツートップはプロのウグイス嬢に依頼しなかったのだろうか。

注)ウグイス嬢(車上運動員)は絶対に依頼しなければいけないというものではありません。報酬を払った場合には、選挙運動収支報告書に、記載しなければいけないという決まりがあるだけです。



 

 

 

関連記事

  1. 維新・前川議員を書類送検
  2. 世耕弘成参議院議員(和歌山選挙区・自民党)参議院のHPより #世耕弘成 参議院議員( #和歌山 #自民 )ってこんな人です…
  3. 清水貴之後援会の2017年分の政治資金収支報告書(会議費の支出) 政治資金で200万円以上の飲み代を計上 兵庫・清水貴之(日本維新…
  4. 亀岡偉民衆議院議員(福島1区・自民党)衆議院のHPより 亀岡偉民 衆議院議員( 福島1区・ 自民 )ってこんな人です
  5. 福山哲郎参議院議員(京都・立憲民主党)参議院のHPより #福山哲郎 参議院議員( #京都 #立民 )ってこんな人です
  6. 片山さつき参議院議員(比例・自由民主党)参議院のHPより 片山さつき 参議院議員( 比例・ 自民 )ってこんな人です
  7. 田所嘉徳衆議院議員(茨城1区・自由民主党)衆議院のHPより 田所嘉徳 衆議院議員( 茨城1区・ 自民 )ってこんな人です
  8. 松山政司参議院院議員(福岡選挙区・自民党)参議院のHPより 松山政司 参議院議員( 福岡 ・ 自民 )ってこんな人です






カテゴリー記事一覧

  1. 立憲「助成金批判」でブーメラン直撃 「引責したらいかがですか?」批判翌日に発覚
  2. 自民・山本左近議員団体に助成金
  3. 月100万円“文通費”改正見送りへ 自民党と折り合わず「お小遣いを死守」と批判も
  4. 「黒瀬深」運営者は20代男性!“ネトウヨの皇帝”は「僕のプロフィールは出さないように懇願します」と電話で繰り返した
  5. (株)はせ川のHPトップページ
  6. 足立康史衆議院議員(大阪9区・日本維新の会)衆議院のHPより
PAGE TOP
PAGE TOP