政治とカネ

上西小百合元衆議院議員の元公設秘書が足立康史衆議院議員に240万円寄付していた

足立康史衆議院議員(大阪9区・日本維新の会)衆議院のHPより

上西小百合元衆議院議員の元公設秘書で有名な山本秀一氏が、足立康史衆議院議員に対して、毎月20万円の寄付をしていたことが足立康史衆議院議員が代表を務める「日本維新の会衆議院大阪府第9選挙区支部」の収支報告書から分かった。

山本秀一氏が「日本維新の会衆議院大阪府第9選挙区支部」に最初に寄付をしたのが、2018年3月14日。その額は20万円。

「日本維新の会衆議院大阪府第9選挙区支部」の収支報告書

「日本維新の会衆議院大阪府第9選挙区支部」(2018年)の収支報告書

11月までの9回、合計180万円の寄付をしている。2019年には3回、月20万円ずつ合計60万円寄付をしている。
2018年、2019年で合計240万円の寄付をしている

一部のネット上では、山本秀一氏が足立康史衆議院議員の秘書になったと書かれているが、当サイトはその情報が正確な情報かどうかを知る証拠はもっていないが、その可能性は高いと推測できる。

その理由は、山本氏の職業が特別職公務員となっていることだ。これは、国から給与が払われる公設秘書も含まれる。

ただ、これだけだと可能性が高いというだけで断定はできない。

もう一つ可能性が高いと思われるのが、「実行委員会TOKYO」という政治団体の2018年の代表を務めていたことが「実行委員会TOKYO」の政治資金収支報告書から分かった。

「実行委員会TOKYO」の政治資金収支報告書

「実行委員会TOKYO」の政治資金収支報告書

政治団体「実行委員会TOKYO」は足立康史衆議院議員が代表を務める「日本維新の会衆議院大阪府第9選挙区支部」と同じ住所が所在地になっている。

山本秀一氏が代表を務めた2018年には「あだち康史君を励ます会」が2018年4月11日、東京のキャピタルホテル東急で開かれている。

山本秀一氏が足立康史衆議院議員の秘書かどうかは分からないが、相当近い関係だったことは以上の二つから推測できる。

2019年の政治団体「実行委員会TOKYO」の代表は山本秀一氏とは違う人物になっている。

 

もし、秘書だったとしたら、足立議員に対して自主的に寄付をしていたことになる。

なぜなら「国会議員の秘書の給与等に関する法律」で以下のように決められているからだ。

「(寄附の勧誘又は要求の禁止)
第二十一条の三 何人も、議員秘書に対して当該国会議員がその役職員又は構成員である政党その他の政治団体又はその支部(当該国会議員に係る後援団体(公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第百九十九条の五第一項の後援団体をいう。)を含む。)に対する寄附を勧誘し、又は要求してはならない。

つまり、議員から秘書に寄付をお願いしてはいけないということだ。

もし、秘書でなくても個人が毎月20万円を寄付するということは大変なことだ。

よほど、足立康史衆議院議員に共感したか、何か深い思い入れがあったのだろうか。

最後に、もし山本秀一氏が足立康史衆議院議員の秘書だったとしても、自主的に足立氏を応援するために寄付をしていたのならば、何の問題もないということを付け加えておく必要がある。

 

関連記事

  1. 自民・山本左近議員団体に助成金 自民・山本左近議員団体に助成金
  2. 安倍元首相、再び「桜」不起訴
  3. (株)はせ川のHPトップページ 岸田文雄総理大臣、島田紳助氏の経営するお店で会合を開いていた
  4. お金に目がくらむ政治家 実はお金に汚い維新の会~企業献金はもらってないなんて単なるパフォ…
  5. カジノの誘致が予定されるエリア。横浜・みなとみらい(横浜市のHPより) 突然カジノ誘致を発表した横浜市長のリコール運動が拡散中!
  6. 「5時に夢中!」(TOKYO MX)のHP 国会議員という権力者である立花孝志(N国)がマツコ・デラックスに…
  7. 高校生の政治活動を不適切だとリツイートした柴山文科大臣のツイート 高校生の政治活動が不適切だとツイートする文科大臣 原因は問題だら…
  8. 選挙「余剰金」の使途不明、山際・牧島の両閣僚も さらに野党にも 選挙「余剰金」の使途不明、山際・牧島の両閣僚も さらに野党にも






カテゴリー記事一覧

  1. 自民滋賀県連が選管委員長に60万円寄付 識者「聞いたことない」公正性に疑念
  2. ロシア一部銀行のSWIFT排除で合意、米欧が追加制裁
  3. 選挙「余剰金」の使途不明、山際・牧島の両閣僚も さらに野党にも
  4. 自民・山本左近議員団体に助成金
  5. 月100万円“文通費”改正見送りへ 自民党と折り合わず「お小遣いを死守」と批判も
PAGE TOP
PAGE TOP