これが安倍晋三後援会の政治資金収支報告書だ 桜を見る会の支出は一切なし

「桜を見る会」の前日に行われた安倍晋三後援会が開いた前夜祭の会費が5000円だったことに関して安倍晋三首相が弁明会見を開いたが、その中身についてもいろいろな指摘がなされ始めている。

会見をまとめると、前夜祭の会費が安いのはほとんどが宿泊客のため、ホテル側が値引きをしてくれたというものだが、これが事実ならばホテル側が事実上の企業献金を行ったことになる。数え上げたらキリがないぐらい問題が出てくるのでここでは置いておこう。

さらに会見の中で出てきたのは、安倍晋三後援会の政治資金収支報告書に記載がまったくないのは、参加者が直接代理店にお金を支払ったからと弁明した。安倍晋三後援会の政治資金収支報告書をみていくと、確かに桜を見る会らしき支出は出てこない。



 

安倍晋三後援会2016年分の政治資金収支報告書表紙
安倍晋三後援会2016年分の政治資金収支報告書表紙

表紙をめくると、2016年の年間収支の状況が出てくる。

収入総額 27663462
前年度から繰り越し 8689144
2016年の収入    18974318
2016年の支出が 20422757

となっている。


安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書収支の状況
安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書収支の状況

ざっと、2千万円ほどの収入と支出があることが分かる。

次に出てくるのが

安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書新春の集い収入
安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書新春の集い収入

安倍晋三後援会の新春の集いの収入だ。2年分で1600万円の収入を得ている。一年分にしてもすごい額だ。およそ数時間の中でこれだけ収益を上げるのだから。これも不思議なのだが、2年分計上している。収支報告書は単年の報告なのだから、2年分計上するのは不自然だ。まあ、ここは桜を見る会には関係ないので置いておこう。


安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書会合費
安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書会合費

次に、会合をした時の会合費が200万円ほどなのだが、これの開催日時が分からないので桜を見る会と関連があるのかどうかすら分からない。収入の部はなんとこれで終わり。

ここでの200万円が桜を見る会と関係ないのならば、桜を見る会で収入は経ていないことになる。



では次は支出に移る。

安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書支出
安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書支出

支出の内訳は、250万円が経常経費。これは家賃などなので今回の桜をみる会には関係ないといえる。

問題なのは、1500万円ほどある政治活動費だ。

今回、話題になっている前夜祭は、恐らく政治資金パーティーに当たるが支出はゼロ。

つまり政治資金パーティーは開いていないということだ。



安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書政治活動費支出
安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書政治活動費支出

まず、出てくるのが、会合に関するものと思われる支出だ。

桜を見る会(4月9日)に関連する支出としてみるのには、日付からするとないと考えるのが普通だろう。

この後は、1月から順に支出が掲載されているページが続くのだが、1月・2月は関係ないと思われるので飛ばすことにする。

安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書政治活動費支出
安倍晋三後援会2016年分政治資金収支報告書政治活動費支出

日付順にならんでいるのだが、なんと2月18日に支出をした以降、11月10日まで支出がないのである。この次のページには12月分の支出がいくつか出てきて終わりとなっている。

さくらを見る会が開催された4月付近には一切の支出がないということだ。旅行やパーティは恐らく後払いになるだろうから、せめて5月、6月に支出があってもいいはずだが、それもない。

恐らく東京までは新幹線か飛行機で行って、そこからバスを借りて移動などをしているはずなのだが、それもない。

新宿五苑に入る安倍晋三後援会のバス(赤旗より)
新宿五苑に入る安倍晋三後援会のバス(赤旗より)



これだけのイベントなので地元の秘書も同行しているだろう。参加者は代理店に直接払ったとしても、秘書の旅行代は、出張として経費処理されているだろうがそれもない。

安倍晋三後援会として行っているのだから案内通知など諸経費がかかるはずなのだがそれもない。

本当に不思議な、2016年の安倍晋三後援会の政治資金収支報告書である。