原田義昭 衆議院議員( 福岡5区・ 自民 )ってこんな人です

・パチンコチェーンストア協会政治分野アドバイザー

過去の政治行動など

「大量に確保」原田前環境大臣がマスクの高額販売をあっせん(文春オンライン・2020)

新型コロナウィルスによる医療現場での深刻なマスク不足が続く中、原田義昭前環境大臣が、福岡県内の医療団体に高額マスクの販売をあっせんしていたことが「週刊文春」の取材で分かった。(記事より)

筆頭“待機組”原田義昭環境相 米大学院卒と経歴詐称の過去(日刊ゲンダイ・2018)

2004年1月に同じ福岡県選出の古賀潤一郎衆院議員(当時)の経歴詐称問題が発覚。原田はホームページで「政治家以前に人間として決して許されない」と痛烈に批判していたが、その4カ月後の5月、自身が選挙公報などに記載していた「米タフツ大政治外交大学院卒業」の経歴がウソだったことがバレた。市民団体から公選法違反容疑(虚偽事項の公表)で刑事告発され、泣きべそ会見を開いて文科副相を辞任。その後、自ら開催を求めた衆院政治倫理審査会に出席して釈明したものの、「(卒業証書は)もらった確信はあったが、現認したことがないのは事実」などとシドロモドロになって失笑を買った。(記事より)



原田義昭のプロフィール

原田義昭衆議院議員(福岡5区・自由民主党)衆議院のHPより
原田義昭衆議院議員(福岡5区・自由民主党)衆議院のHPより

福岡県第5区から立候補、自由民主党・無所属の会

昭和19年10月福岡県山田市に生る。高校時代にアメリカ・オクラホマのエジソン高校に留学卒業。東京大学法学部卒業

○昭和45年通産省入省、東京通産局総務課長、中小企業庁参事官、通産大臣秘書官を経て昭和60年退官。この間、政府派遣留学生として、ボストン(タフツ)大学政治外交大学院に留学

○平成2年2月初当選。厚生政務次官、文部科学副大臣、衆院外務委員長、財務金融委員長、消費者問題に関する特別委員長、自民党筆頭副幹事長、自民党福岡県連会長を歴任。弁護士

○著書『荒海への船出』『かく語り、かく闘う』『留め置かまし大和魂―吉田松陰の遺訓―』『尖閣を守れ』『主権と平和は、「法の支配」で守れ』他(既刊10冊)

○当選8回(39 41 42 43 44 46 47 48)

(2019年9月11日現在・衆議院HPを基に加筆)