これが萩生田大臣が有権者への利益供与した証拠!~後援会の赤字イベントを検証

週刊朝日が2019年12月20日号で報じたスクープが以下の記事である。

安倍首相最側近の萩生田文科相も公選法違反?!「桜を見る会」疑惑と同じ構造【スクープ】

萩生田光一文科大臣の政治団体「はぎうだ光一後援会」が、毎年4月にグラウンドゴルフ大会が毎年赤字だという。町内会のイベントならば赤字でも構わないのだが、これが政治家が有権者にしているとなると、これは寄付行為となり公職選挙法違反になる。



だから、大問題なのだ。

さあ、検証してみよう。

問題の「はぎうだ光一後援会」のイベントの収入が書かれたページが下記である。

はぎうだ光一後援会(2017年分)のグランドゴルフイベントの収入記載欄
はぎうだ光一後援会(2017年分)のグランドゴルフイベントの収入記載欄

まずは、グランドゴルフ大会ですが、2017年の収入は26万8千円

では、支出を見てみよう。

はぎうだ光一後援会(2017年分)グランドゴルフ大会の支出記載欄
はぎうだ光一後援会(2017年分)グランドゴルフ大会の支出記載欄



はぎうだ光一後援会(2017年分)グランドゴルフ大会の支出記載欄
はぎうだ光一後援会(2017年分)グランドゴルフ大会の支出記載欄

開催日が4月20日なのでそのあたりの支出を浮き出すと

4月18日 傷害保険代 5万円
4月20日 弁当代 17万8200円
4月22日 器具使用料 2万円
4月25日 参加費5万2488円
4月19日 食材 3万8800円
4月20日 施設使用料 2万5千円
4月28日 貸切バス代金 8万1400円

この合計が44万5888円だ。

収入は26万8千円なのでこれは完全に赤字であり、赤字部分は有権者に寄付をしているのと同じであり、公職選挙法違反に当たる。

 

萩生田光一文部科学大臣は、このようなイベントを毎年、選挙のあった年もやっていたというので驚きである。