尾立源幸 参議院議員( 比例 ・ 自民 )ってこんな人です

渡り鳥議員(民主党→自民党)

元鳩山由紀夫衆議院議員の秘書

・初めて参議院大阪選挙区に立候補した2004年の第20回参議院議員通常選挙では、島田紳助らの応援を受け、トップ当選した。

・元民主党事業仕分けメンバー

過去の政治行動など

パチンコ業界を利する得票数は20万票。その希望を一身に担う自民党・尾立源幸(ハーバービジネスオンライン)

民主党から自民党に移籍をし、大日本猟友会やパチンコ業界の支援を受けて立候補をするのが尾立源幸氏。しかし、尾立氏のHPにはそのことは書かれていない。

「事業仕分け人」落選、かつての“風”吹かず 民進・尾立氏(産経新聞)

2016年の選挙では、現職の民主党議員として大阪選挙区で落選。記事には「アベノミクス批判も展開し、政権批判票の受け皿を目指して最後まで懸命な追い上げを図った。」と書かれている。でも、今は自民党。

ついに政治家までもをプロデュース? 島田紳助(読売新聞)

芸能界を引退した島田紳助氏が、2004年に応援して当選させたのが尾立源幸氏(当時民主党)。お笑い票が100万票あるといわれる大阪にとって、当時無名の尾立氏にとって、政治討論番組の司会をやっていた島田紳助氏の応援はとても大きな支援だったことは間違いない。

おだち源幸遊技産業後援会が記者会見を開催(パチンコビレッジ)

民主議員が西日本高速に異議 取締役へ「調査は拙速」(朝日新聞)

事業仕分けと言えば、蓮舫議員という人も多いだろうが、民主党の事業仕分けはいくつかのチームに分かれていて、そのチームのリーダーを務めていたのが尾立源幸氏。あの時は、民主党の切込み隊長というイメージもあったのだが・・・

 



尾立源幸のプロフィール

1963年(昭和38年)10月生れ(55才)
慶應義塾大学経済学部卒

経歴・資格
税理士・公認会計士・行政書士
民主党所属参議院議員2期12年(大阪府選挙区)
財務大臣政務官・財政金融委員長など

自由民主党参議院比例区(全国区)支部長
日本税理士政治連盟推薦
日本公認会計士政治連盟推薦
日本行政書士政治連盟推薦

(2019年6月24日現在・尾立源幸のHPを中心に加筆)