政治家の情報

江藤拓 衆議院議員( 宮崎2区・ 自民 )ってこんな人です

江藤拓衆議院議員(宮崎2区・自由民主党)衆議院のHPより

日本会議国会議員懇談会所属(幹事)

・父は、江藤隆美元運輸大臣。父の秘書を経て国会議員へ

過去の政治行動など

お肉券、お魚券に「族議員批判」 農水相「受け止める」(朝日新聞・2020)

訪日客の急減に加え、政府の自粛要請で外出が減り、他の高級魚介類や果物などの需要も減っている。メロンや国産マグロなどの価格も低下しており、自民党内では和牛に続き、魚介類を対象とする商品券を発行する案も打ち出された。同党内で関連業界をバックにした部会が競い合うように商品券構想を打ち出す様子に、ネット上では「族議員批判」が相次いでいる。(記事より)

「お肉券」の和牛、給食で活用検討 農水相「いい考え」(朝日新聞・2020)

新型コロナウイルスの感染拡大の余波で販売が落ち込んでいる高級和牛を、学校給食で活用する案が出ている。31日の衆院農林水産委員会であった野党議員の提案に、江藤拓農林水産相は「大変いいお考えだ。文科大臣ともいろいろ話をしてみたい」と述べた。農水省は、同様に新型コロナで販売不振に陥るマグロやホタテなどを含めた販売促進策を検討している。(記事より)



会議員3人のパーティー 宮崎県職員が業務手伝う(NHK・2019)

宮崎県によりますと、県の東京事務所の職員が手伝ったのは、江藤拓農林水産大臣松下新平参議院議員長峯誠参議院議員の3人が、それぞれ東京で開いた政治資金パーティーで、受け付けや案内などを行ったということです。

県が職員に聞き取り調査を行ったところ、手伝った回数は、把握できた平成28年度以降で、松下氏のパーティーが今年度までの4回、江藤氏が昨年度までの3回、長峯氏が昨年度までの2回だということですが、県はその前から行われていたとみています。

県によりますと、こうしたパーティーは情報交換や人脈づくりのために重要な場だとして県の職員も参加していて、参加した職員の一部が「公務の延長」として業務時間内に手伝ったこともあったということです。

県によりますと、手伝いはいずれも議員側から頼まれたものだということで、謝礼は受け取っていないとしています。(記事より)

TPP“裏金”疑惑 江藤拓元農水副大臣へも現金(AERA.com 2016年)

2015年のTPP(環太平洋経済連携協定)交渉中に日本養鶏協会の栗木鋭三会長から江藤拓氏が現金を受け取っていた。江藤氏は当時、農水副大臣だった。養鶏協会は年に数億円の補助金を受け取っている。(記事より)



江藤拓のプロフィール

江藤拓衆議院議員(宮崎2区・自由民主党)衆議院のHPより

江藤拓衆議院議員(宮崎2区・自由民主党)衆議院のHPより

宮崎県第2区選出、自由民主党・無所属の会

1960年7月1日宮崎県東臼杵郡門川町に生まれる、成城大学経済学部卒業

○運輸大臣秘書官、衆議院議員公設第一秘書、国務大臣総務庁長官秘書官、衆議院議員政策担当秘書

○農林水産大臣政務官、農林水産副大臣

○自由民主党青年局次長、マルチメディア局次長、厚生労働部会副部会長、国土交通部会副部会長、農林水産部会長代理

○衆議院国土交通委員、決算行政監視委員、農林水産委員会理事、災害対策特別委員会理事、農林水産委員長、北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長

○当選6回(43 44 45 46 47 48)

(2019年7月2日現在・衆議院HPを基に加筆)



関連記事

  1. 渡海紀三朗衆議院議員(兵庫9区・自民民主党)衆議院のHPより 渡海紀三朗 衆議院議員( 兵庫9区・ 自民 )ってこんな人です
  2. 船田元衆議院議員(栃木1区・自由民主党)衆議院のHPより #船田元 衆議院議員( #栃木1区 #自民 )ってこんな人です
  3. 高橋はるみ衆議院議員(北海道選挙区・自民党)参議院のHPより 高橋はるみ 参議院議員( 北海道・ 自民 )ってこんな人です
  4. 長峰誠参議院議員(宮崎県選挙区・自由民主党)参議院のHPより 長峰誠 参議院議員( 宮崎・ 自民 )ってこんな人です
  5. 繫本護衆議院議員(京都2区・自由民主党)衆議院のHPより 繁本護 衆議院議員( 京都2区・ 自民 )ってこんな人です
  6. 後藤茂之衆議院議員(長野4区・自民民主党)衆議院のHPより #後藤茂之 衆議院議員( #長野4区 #自民 )ってこんな人です…
  7. 浜田靖一衆議院議員(千葉12区・自由民主党)衆議院のHPより 浜田靖一 衆議院議員( 千葉12区・ 自民 )ってこんな人です
  8. 上野通子衆議院議員(栃木・自由民主党)参議院のHPより 上野通子 参議院議員( 栃木・ 自民 )ってこんな人です






カテゴリー記事一覧

  1. 立憲「助成金批判」でブーメラン直撃 「引責したらいかがですか?」批判翌日に発覚
  2. 自民・山本左近議員団体に助成金
  3. 月100万円“文通費”改正見送りへ 自民党と折り合わず「お小遣いを死守」と批判も
  4. 「黒瀬深」運営者は20代男性!“ネトウヨの皇帝”は「僕のプロフィールは出さないように懇願します」と電話で繰り返した
  5. (株)はせ川のHPトップページ
  6. 足立康史衆議院議員(大阪9区・日本維新の会)衆議院のHPより
PAGE TOP
PAGE TOP