福島瑞穂 参議院議員( 比例・ 社民 )ってこんな人です

・社民党党首

・弁護士

・元消費者担当大臣

過去の政治行動など

「先輩の遺産を食いつぶした」 社民・照屋氏が福島党首を公然批判(産経新聞・2020)

社民党の照屋寛徳衆院議員は14日に東京都内で開かれた臨時党大会で、福島瑞穂党首に対し、「あなたが2003(平成15)年に党首になって、10年間で全国の社会党、社民党の党員の皆さん、先輩方が築いた遺産をすべて食いつぶした」と述べ、党首を公然と批判した。(記事より)

集団的自衛権を集団的自営店……「誤字の女王」福島瑞穂が社民党の顔に再登板の舞台裏(週刊文春・2020)



福島瑞穂のプロフィール

福島瑞穂参議院議員(比例・社会民主党)参議院のHPより
福島瑞穂参議院議員(比例・社会民主党)参議院のHPより

所属会派

立憲民主・社民
選挙区・比例区/当選年/当選回数
比例代表選出/平成10年、16年、22年、28年/当選 4 回
参議院における役職等一覧
2019年11月14日現在
厚生労働委員会
予算委員会
地方創生及び消費者問題に関する特別委員会
憲法審査会

 昭和30年12月24日宮崎県延岡市に生まれる、昭和55年東京大学法学部卒業、昭和62年弁護士登録、第二東京弁護士会所属

○日本弁護士連合会・両性の平等に関する委員会委員、川崎市男女平等推進協議会会長、「女性の家HELP」協力弁護士、学習院女子大学客員教授、内閣府特命担当大臣(消費者・食品安全・男女平等・少子化担当)、社会民主党党首歴任

○著書「福島みずほと31人が命を語る」「娘たちへ」「『意地悪』化する日本」「生きづらさに立ち向かう」など30冊余り

(2019年12月10日現在・参議院HPを基に加筆)