海江田万里 衆議院議員( 東京1区・ 立憲民主 )ってこんな人です

 

・立憲民主党最高顧問

過去の政治行動など

海江田氏、衆院選中の献金返還へ 国契約の建設会社から10万円(47ニュース・2019)

民進党東京都第1区総支部(代表・海江田万里)が2017年の衆院選期間中、当時、国土交通省と取引のあった東京都港区の建設会社から10万円の献金を受けていたと報じられた。

 

「広告塔ではなかった」安愚楽牧場を紹介した海江田万里氏の賠償責任認めず 東京地裁(産経新聞・2016)

破産した安愚楽牧場(栃木県)の和牛オーナー制度を著書などで推奨したとして、出資者30人が経済評論家だった海江田万里・元民主党代表に約5億7千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は、出資者の請求を棄却した。



海江田 万里(かいえだ ばんり)のプロフィール

海江田万里衆議院議員(東京1区・自由民主党)衆議院のHPより
海江田万里衆議院議員(東京1区・自由民主党)衆議院のHPより

東京都第1区選出、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム

1944年2月東京都杉並区に生まれ

慶應義塾大学法学部卒業後、参議院議員秘書を経て、経済評論家

○日本新党常任幹事、新会派・民主新党クラブ代表、新党・市民リーグ代表などを歴任

○民主党結党後、党常任幹事、党事務局長、党国際交流委員長、党財政委員長、党東京都連会長、党政策調査会長などを歴任

○内閣府特命担当大臣(経済財政政策担当、科学技術政策担当)、経済産業大臣

○衆議院財務金融委員長、経済産業委員長

○2012年12月25日、民主党代表に就任

○著書「手にとるように税金がわかる本」「海江田ノート~原発との闘争176日の記録」「人間万里塞翁馬」など多数○

当選7回(40 41 42 43 45 46 48)

(2019年10月4日現在・衆議院HPを基に加筆)