山本太郎 東京都知事候補( れいわ )ってこんな人です

 

・政治団体「れいわ新撰組」代表

 

過去の政治行動など

れいわ山本太郎代表が都知事選出馬を正式表明(日刊スポーツ・2020)

れいわ新選組の山本太郎代表(45)が15日午後2時すぎから、参院議員会館で記者会見し、任期満了に伴う東京都知事選(18日告示、7月5日投開票)への出馬を正式に表明した。(記事より)

山本太郎氏、天皇陛下に直訴 園遊会で手紙を手渡し 請願法違反の可能性も(ハフポス)

2013年、秋の園遊会で天皇に被爆の恐ろしさを伝える手紙を渡そうとした。請願法違反の可能性も指摘されている。



山本太郎のプロフィール

山本太郎参議院議員(東京選挙区・れいわ新撰組)参議院のHPより
山本太郎参議院議員(東京選挙区・れいわ新撰組)参議院のHPより
所属会派
国民民主党・新緑風会
選挙区・比例区/当選年/当選回数
選挙区(東京都)選出/平成25年/当選 1 回
参議院における役職等一覧
2019(令和元)年6月28日現在
文教科学委員会
東日本大震災復興特別委員会
資源エネルギーに関する調査会

 昭和49年11月24日、兵庫県宝塚市生まれ。宝塚市立中山桜台小学校、私立箕面自由学園中学校卒業。

箕面自由学園高等学校中退。

高校在学中に『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の「ダンス甲子園」出場がきっかけで芸能界へ。

平成13年日本映画批評家大賞助演男優賞、平成15年にはブルーリボン賞助演男優賞を受賞、俳優としての地歩を固める。

2011(平成23)年3月11日の福島第一原発事故をきっかけに脱原発・脱被ばくの姿勢を鮮明にし、所属事務所を辞めフリーに。

この間全国の市民運動や福島からの避難者とも積極的に交流をはかる。

平成24年12月の衆院選挙に東京8区から無所属で出馬し、71028票を獲得するも惜敗。

平成25年7月参議院東京選挙区に「脱被ばく」「反TPP」「反貧困」を訴え無所属で出馬し、666684票を獲得し初当選。

平成26年12月、「生活の党と山本太郎となかまたち」に入党し、共同代表となる。

2019年「れいわ新選組」を立ち上げ代表となる。

(2016(平成28年)11月28日現在・参議院のHPを中心に加筆)