西村康稔 衆議院議員( 兵庫9区・ 自民 )ってこんな人です

日本会議国会議員懇談会所属

過去の政治行動など

専門家会議「廃止」に日本政府への心配が募る訳 中立性・客観性・誠実性の言葉はもう聞けない?(東洋経済・2020)

会見中の尾身副座長が一瞬、怪訝そうな表情を浮かべたのは、西村経済再生相が専門家会議を廃止して分科会を設置すると会見で述べたことを、記者の質問で知ったときだ。「大臣が何か発表されたんですか?」と問い直したうえで「知りませんでした」と答えた。(記事より)

「休業補償に交付金は使えず」 西村経財相(日本経済新聞・2020)

西村康稔経済財政・再生相は13日の参院決算委員会で、新型コロナウイルス対策として地方自治体が独自に実施する休業補償について、国から自治体に配分する臨時交付金は財源に使えないとの考えを示した。(本文より)

批判を受けて後に、交付金を休業補償に使うことを認める。

大炎上「赤坂自民亭」は何が問題だったか(プレジデントオンライン・2018年)

2018年7月5日、西日本を中心に記録的豪雨に見舞われ、10万人を超える人が避難を強いられていた中、衆議院宿舎の宴会ができる部屋で安倍総理をはじめ、自民党国会議員が宴会をしていた。その時の写真をツイッターにアップしたのが西村康稔氏。後に、この宴会は「赤坂自民亭」と呼ばれるようになった。

2018年西日本豪雨の最中、宴会をしていた自民党議員たち
2018年西日本豪雨の最中、宴会をしていた自民党議員たち

 

カジノ法案提出議員に資金 ギャンブル業者から691万円 献金やパーティー券(赤旗)

自民党の西村康稔議員が代表を務める自民党兵庫県第九選挙区支部は2013年、14年、15年の3年間に大阪府のスロットマシン製造販売業パイオニア社から各37万円、合計111万円の献金を受けていたことが分かった。

政治資金で趣味満喫か 安倍内閣新閣僚“ハレンチ支出”続々(日刊ゲンダイ・2017年)

15年7月26日、西村氏の地元、兵庫県明石市を中心に活動する演歌歌手「音寺しをり」に「会費」として3万2000円支払っていた。西村氏は、08年12月26日付のブログで〈景気の悪い話が多いが、地元出身の歌手・音寺しをりさんの「きよしこの夜」で少し心がなごむ〉と書いていた。

安倍側近・西村康稔副大臣 ベトナム買春疑惑 (週刊文春・2013年6月

自民党内で“次世代のエース”と見なされ、昨年12月の安倍政権発足とともに内閣府副大臣に抜擢された西村康稔衆議院議員(50)が、昨年7月、訪問先のベトナムで現地のホステス複数人を相手に買春行為をしていたことが週刊文春の取材によりわかった。

西村氏はカラオケ・クラブから7人のホステスを連れ出し、自らが宿泊するホテルのスイートルームへ呼び入れたという。その後、7人のうち3人の女性が残り、西村氏は3人を相手に行為に及び、対価として3人あわせて600ドル弱を支払ったという。3人の女性のうち2人が小誌に西村氏との行為を詳細に証言。他にもホテルでの目撃者など複数の関係者が買春を裏付ける証言をしている。

小誌の取材に対し、西村氏はベトナム出張を認めたが、ホステスらを連れ立って客室に入ったことを否定。さらにカラオケ・クラブへの入店、ホステスらとの性行為、600ドル弱の支払いも否定した。(記事より一部転載)



西村康稔のプロフィール

西村康稔衆議院議員(兵庫9区・自由民主党)衆議院のHPより
西村康稔衆議院議員(兵庫9区・自由民主党)衆議院のHPより

兵庫県第9区から立候補

昭和37年10月15日生れ、神戸大附属明石小学校、中学校卒業、灘高校、東大法学部、米国メリーランド大公共政策大院卒業

○昭和60年通産省入省、石川県商工課長、環境立地局調査官

○外務大臣政務官、内閣府副大臣、広島土砂災害政府現地対策本部長、内閣官房副長官

○自民党党改革実行本部副本部長、政務調査会副会長、総裁特別補佐、筆頭副幹事長

○衆議院内閣委員長、予算委員会理事

○著書「大丈夫か?マイナンバー」「第四次産業革命」(以上ワニブックス)「命を守る 防災・危機管理」「繁栄か衰退か―岐路に立つ日本」(以上プレジデント社)「新・ハイブリッド国家―日本の活路」(スターツ出版)「リスクを取る人・取らない人」(PHP研究所)、共著「国家の生命線」(PHP研究所)等

○当選6回(43 44 45 46 47 48)

(2019年7月2日現在・衆議院HPを基に加筆)